ホーム > インフォメーション > 初産たまご新玉(しんぎょく)

インフォメーション

初産たまご新玉(しんぎょく)

img_first_egg02.jpg
若雌が産み出す活力ある卵!!

img_first_egg04.jpgひよこの誕生は、受精した卵が21日間38℃の温度で温められて 孵化します。
その時、ひよこはお腹に卵黄を抱えて(もって)生まれます。 生まれて最初の栄養源になるのがお腹にもてきた卵黄が消化され 発育を始めるのです。卵黄は人の母乳と同じ働きをするのです。

しかし、その生まれたヒヨコたちの半分しか雌がいません。その貴重な雌雛の卵巣に将来たまごの卵黄になる卵胞が3000ケもすでに入っているのです。
その雛たちが良い環境で、良い餌を与えられて、スクスク若雌に育ちます。この元気なセイアグリーシステムの若雌たちが、おおよそ135日令を経過すると、初産卵を生み始めるのです。

初産卵はおめでたい卵!!

その初産迄をさかのぼっていくと、この初産卵は何億分の1個という神秘的な、おめでたい卵です。自然に生きる力を凝縮した貴重な1ケです。
昔から、初産卵は、諸病の予防に役立つ卵、生きる力を凝縮した卵と、重宝されてきました。 私達は、初産から10ケ位を「初産たまご新玉(しんぎょく)」と稱しています。

img_first_egg05.jpg
img_first_egg06.jpg

株式会社セイアグリーシステム

img_first_egg07.gif


  • ティーパーティ
  • 卵大学開校
  • たまごやさんのコラムを読む
  • 高岡昆布スイーツ
  • マヨネーズをつくりました。これがマヨネーズです。

フェルヴェールカタログ

産業観光

ケーキ

プリン

クッキー

パン

卵惣菜

ギフト:詰め合わせ商品

セイアグリー健康卵

昆布スイーツ

インフォメーション